協会だよりのページへ
第32回国際茶会


  10月20日(土)、国際茶会が茶道会館で開催されました。

  国際茶会は、日本に滞在する外国人に気軽に茶道に親しんでもらうことを目的に、(財)今日庵、(社)茶道裏千家淡交会、(財)国際茶道文化協会、(財)京都国際文化協会の共催で、10月の第3土曜日に開催している毎年恒例の茶会です。32回目となる本年も、関西地域在住の外交官、研究者、留学生など35カ国・地域 約220名の外国人を含む320名が参加しました。

京都国際文化協会 児玉理事長の挨拶開会につづき、立礼(点茶盤)でおもてなし


  10時30分より、(財)京都国際文化協会 の児玉実英理事長によるご挨拶をもって開会となり、裏千家で茶道を学ぶ14ヵ国・地域22名のみどり会(裏千家学園別科外国人研修コース)留学生ならびに在日外国人対象の茶道教室(I.C.I.−International Chado Institute)の生徒が参会者を迎えました。

鵬雲・立礼の間にて


  参会者には立礼席、畳席の何れかでお茶を味わっていただけるよう、2席の茶席が設えられました。

心花の間にて

  英語だけでなくフィンランド語やロシア、中国語など、参会者に合わせた言語によるやり取りも聞かれ、国際色豊かな茶会となりました。参会者は亭主の説明に聞き入り、茶席終了後も熱心に茶道具を拝見するなど、秋晴れの清々しい一日を心ゆくまで満喫しました。

協会だよりのページへ