協会だよりのページへ
第22回国際茶会

世界各国400名が体験した国際交流の一時


  深まりゆく秋の風情を感じさせる10月20日、22回目を迎える国際茶会が(財) 京都国際文化協会並びに(財)国際茶道文化協会の共催により京都・裏千家にて開催されました。
  当日は茶道会館「心花の間」、「鵬雲の間」に薄茶席、二階大広間に立礼席、 裏千家センターホールに点心席を設け、関西在住の在日外国公館館員・家族、外国人 日本研究者、留学生等約400名を迎え、裏千家で茶道を学ぶ外国人研修生(17ケ国、36名) がおもてなしをしました。
  解説は英語をはじめ各国語で行われ、参会者には秋の趣きを楽しみながらお茶の心をゆっくり味わって頂きました。また、とりわけ体験コーナーは大変好評で、茶筅を手にとり熱心にお茶を点てる参会者の姿が絶えることがありませんでした。
  好天にも恵まれた秋の一日、参会者にはお茶を通じて楽しい国際交流の一時を過 ごして頂きました。


茶道会館大広間の立礼席(薄茶)

好評だった「体験コーナー」 点心席


協会だよりのページへ