協会だよりのページへ
茶の湯インターナショナル

−2003年歳末チャリティー例会・茶会−


  街ではクリスマスイルミネーションが見られるようになった12月3日(水)、毎年恒例の財団法人国際茶道文化協会−茶の湯インターナショナル−の歳末チャリティー茶会が帝国ホテル内茶室「東光庵」及び桜の間にて催されました。
  東光庵にしつらえられた国際色豊かな薄茶席に理事の大谷宗裕氏、納屋宗人氏、櫻井宗幸氏らが席入りされ一服されました。今回の席主は中西宗巳氏。
  その後は、チャリティーの一環として福引が催され、収益が難民救済のためジャパンタイムズ救済基金に寄付されました。アトラクションとして正倉院の竜笛・復元楽器の奏者・岩亀裕子氏による演奏が披露され、外国人のゲストだけでなく日本人の会員も大いに楽しまれました。
  毎年の恒例行事となりましたが、在京各国大使館館員関係者を中心におよそ250人のお客様が来場、参加者のなかには鮮やかな民族衣装に身を包んだ人々も見受けられ、ホスト側の着物と相まって、師走の灰色の空に彩りを添えました。

茶室待合にて 大谷宗裕理事を正客に薄茶席

チャリティー会場待合にて 理事の納屋宗人氏、櫻井宗幸氏によるご挨拶

復元楽器の演奏 チャリティー福引



☆ チャリティー福引協賛(順不同敬称略) ☆

千玄室大宗匠
淡交社、やました清昌堂、伊勢丹、辻留、伊藤園、花園饅頭、鶴屋吉信、三越
高島屋、ミリエーム、鶴屋吉信、大徳、講談社ペック、花長、龍雲庵、西武百貨店
日本芸術文化振興会国立劇場



協会だよりのページへ